焼肉のあとの口臭を消す方法は?口臭を翌日に残さない対策・予防法って?

焼肉 口臭

「焼肉を食べた後や翌日って、すごく口臭が気になる…」
「デートの前日や大切な仕事の前には、口臭が不安だから焼肉はちょっとパスかも…」

家族や友達同士、ランチやディナー、様々な場面で楽しめる焼肉。
最近では、女子会プランを実施している焼肉屋さんがあるくらい、女性にも人気ですよね。

その一方で、焼肉には「口臭がキツくなる」という残念なイメージも。
確かに、お店で焼肉を食べると、口臭対策としてガムをもらえることが多いですよね。

そんな焼肉ですが、実際に焼肉は口臭につながるんでしょうか。
焼肉が口臭の原因になるとしたら、どんな対策を取れば臭いを消すことができるのでしょうか。

・焼肉を食べると本当に口臭がキツくなるの?
・焼肉が口臭につながる原因は?
・焼肉の後や翌日の口臭を防ぐ対策、口臭の消し方って?
・焼肉は体臭にも影響するの?

口臭を気にすることなく焼肉を食べるために、焼肉と口臭の関係や、口臭を消す方法と予防策についてまとめました。

焼肉を食べた後に口臭がキツくなるって本当?

焼肉 口臭 消す

焼肉を食べると、食後や翌日に口臭がキツくなるという印象があると思います。
焼肉屋さんでも会計時にスカっとするガムをくれることが多いので、どうしても「焼肉=口臭」というイメージを持ってしまいますよね。

では、本当に焼肉で口の臭いはキツくなるのでしょうか。

残念なことに、焼肉は口臭につながる可能性があるんです。
ここからは、焼肉による口臭の原因と、臭いを消すための対策を詳しく見ていきましょう。

焼肉で口臭がキツくなる原因3つ

焼肉 口臭 原因

焼肉が口臭につながる原因は主に3つ考えられます。

(1)焼肉のタレに使われているニンニク
(2)脂っこいお肉を食べたことによる胃の不調
(3)お肉をたくさん食べることで腸内環境が悪化

口臭を消す対策の前に、まずは原因をひとつずつ見ていきましょう。

焼肉が口臭につながる原因(1):にんにく

焼肉 口臭 にんにく

たっぷりのタレをつけて食べる焼肉……すごくおいしいですよね。
しかし、このタレが口臭を引き起こす原因に。

実は、焼肉のタレには大量のにんにくが使われています。
タレに含まれるニンニクが、口臭を招いてしまうんです。

市販されている焼肉のタレにも、ニンニクは含まれています。
焼肉 口臭 タレ
画像引用元:https://www.ebarafoods.com/products/detail/YOC480.html

エバラ 焼肉のたれ 中黄金の味中辛

原材料名/
果実類(りんご、もも、うめ)、醤油、砂糖、アミノ酸液、にんにく、還元水あめ、食塩、蜂蜜、りんご酢、白ごま、ごま油、蛋白加水分解物、オニオンエキス、香辛料/カラメル色素、(一部に小麦・ごま・大豆・もも・りんごを含む)

含まれている量までは書かれていませんが、確かにニンニクが入っています。
外で焼肉を食べても、自宅で焼肉を楽しんでも、ニンニクによる影響は受けてしまうということです。

焼肉が口臭につながる原因(2):胃の不調による消化不良

焼肉などの脂っこいものを食べると、胃が重たくなってムカムカすることがありますよね。
これは、胃が疲れてきているサイン。
このように、胃に負担がかかることも口臭の原因になってしまいます。

胃は疲れると消化不良を起こし、食べたものをうまく消化できません。
きちんと消化されなかった食べ物は、胃の中で異常発酵し、アンモニアなどのガスを発生させます。

そして、悪臭を放つガスは胃から血液に溶けだして全身を回り、肺に到達。
肺まで届いてしまうと、吐いた息が臭うようになり、口臭となってしまうのです。

焼肉が口臭につながる原因(3):腸内環境の悪化

焼肉に行くと、ついつい大量のお肉を食べてしまうことも。
お肉などの動物性たんぱく質を摂り過ぎると、腸の中に悪玉菌が増えて腸内環境が悪化。
腸内環境が悪くなることも、口臭につながるんです。

<腸の中の「善玉菌」と「悪玉菌」>

人間の腸内には、およそ数百兆個もの腸内細菌がいて、大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」という3種類に分類されます。

善玉菌…消化吸収をよくしたり、体の免疫力を高める働きをする菌(体に良い菌)
悪玉菌…体に有害成分を溜め込む働きをする菌(体に悪い菌)
日和見菌…善玉菌にも悪玉菌にも当てはまらない菌。腸内で悪玉菌が増えると悪玉菌に似た働きを、善玉菌が増えると善玉菌に似た働きをする。

腸内細菌は、その総量は変わりませんが、内訳の割合は日々変わります。
善玉菌の割合が大きくなれば悪玉菌の割合は減りますし、反対に、悪玉菌の割合が大きくなれば善玉菌の割合が減ってしまうのです。

焼肉を食べ過ぎて悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなると、アンモニアなどのニオイ成分が発生します。
ニオイ成分が血液に乗って全身を巡り、肺に届くと、呼吸が臭くなり口臭となるのです。

焼肉を食べた後や翌日の口臭を消す方法と対策は?

焼肉 口臭 対策

ここまで見てきたように、焼肉による口臭は、「ニンニクによるもの」「胃の不調によるもの」「腸内環境の悪化によるもの」の3つです。
ここからは、焼肉を食べた後や翌日の口臭を消す方法、予防、対策を見ていきましょう。

3つの口臭うち、「腸内環境の悪化によるもの」はすぐに消すことはできないのですが、「ニンニクによるもの」「胃の不調によるもの」は、対策を取れば臭いを大幅に消すことが可能です。

それでは、焼肉による口臭を消す方法と対策を具体的に見ていきましょう。

焼肉による口臭:にんにくが原因の場合

焼肉 口臭 翌日

焼肉を食べた後や翌日の口臭。原因のひとつは、タレに使われているニンニクでしたね。

ニンニクによる口臭を消すには、にんにくのニオイ成分である「アリシン」の働きを抑えるため、食前、食事中、食後と、それぞれ対策をとる必要があります。

<焼肉のタレに入っている、ニンニクによる口臭の予防方法>

■食前に取る対策
焼肉を食べる前には、コップ1杯の牛乳を飲むのが効果的です。
牛乳は、胃に入ってきたアリシンを包み込み、臭いを放つのを防いでくれます。

■食事中に取る対策
食事中の飲み物には緑茶を選ぶのがおすすめ。
緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが、アリシンの臭いを消す働きをします。

■食後に取る対策
焼肉を食べた後には、りんごを食べましょう。りんごにも、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ブルーベリーやチョコレートにもポリフェノールは含まれていますが、脂っこい焼肉のあとには、さっぱりしたリンゴがおすすめです。

ニンニクによる口臭は、こちらのページで詳しく紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

「にんにく料理は好きだけど…口臭が気になるから好きなときに食べられない!」 にんにくを食べた後に気になる口臭。どうにかしたいと思っ...

焼肉による口臭:胃の不調が原因の場合

焼肉など、脂っこいものの食べ過ぎによる胃の消化不良も、口臭の原因のひとつでした。
胃が消化不良を起こすのを防ぐには、「焼肉を食べ過ぎないようにする」のが一番の対策です。

お肉だけでお腹を満たそうとするのではなく、サラダなどのサイドメニューも食べることで、お肉を食べる量を減らすことができます。

「せっかくの焼肉なんだから、たくさんお肉が食べたい!」という気持ちはよく分かりますが、口臭の予防を考えるなら、少しだけお肉の量を控えてみましょう。

焼肉による口臭:腸内環境の悪化が原因の場合

焼肉 口臭 予防

焼肉を食べた後や翌日の口臭は、動物性たんぱく質の摂りすぎで腸内環境が悪化することも原因でした。
腸内環境の悪化による口臭を消すには、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが効果的です。

しかし、腸内環境は一朝一夕で整うわけではなく、ヤクルトなどの乳酸菌飲料やヨーグルトを毎日摂取することでだんだんと整っていきます。

焼肉の後にヨーグルトを食べたからといって、すぐに良くなるわけではないのです。

焼肉が好きでよく食べに行くという場合には、ヨーグルトなどを毎日食べる習慣をつけておきましょう。

日ごろから腸内環境がいい状態を保っておけば、腸に臭いのガスが発生することもなくなり、結果として口臭対策にもなります。

ちなみに…焼肉の口臭はブレスケアでも消せるの?

ここまで焼肉による口臭の消し方をいくつか紹介してきましたが、もっと簡単に消せる方法として「ブレスケア」などを利用する方法も挙げられます。

小林製薬 ブレスケア
画像引用元:https://www.kobayashi.co.jp/seihin/bc/index.html
小林製薬 ブレスケア

「お腹の中から息リフレッシュ」のキャッチコピーで知られるブレスケアは、にんにく料理による口臭に効果があります。

1回に2~3粒(臭いが気になるときは3~4粒)を、水と一緒に噛まずに飲みましょう。ブレスケアに含まれるメントールやパセリオイルといった清涼成分が、息を爽やかな香りにしてくれます。

しかし、ブレスケアを利用すれば焼肉後の口臭が完璧に消えるわけではありません。
ブレスケアを服用する際、次の2つは知っておきましょう。

<ブレスケアでも、焼肉の口臭は完全には消えない?>

ブレスケアを利用する場合の注意点は2つ。

1つ目は、「ブレスケアは臭い成分を根本から消すものではない」ということ。
一時的に香りでごまかしているだけなので、ある程度時間がたつとブレスケアの臭いは消え、嫌な口臭が戻ってきてしまいます。

2つ目は、「ブレスケアはニンニクによる口臭には効果を発揮するが、胃や腸の不調による口臭には効果が期待できない」ということ。
ブレスケアを飲んでも口の臭いが全然消えないという場合は、胃や腸の調子を整えるように気を付けてみてください。

ブレスケアは便利ですが、あくまでその場しのぎの臭いケア。
臭いの原因を取り除いてくれるわけではなく、焼肉後の応急処置だということを理解しておきましょう。

焼肉を食べた後は体臭も臭うの?

焼肉のあとや翌日の口臭について、原因と対策を見てきました。
焼肉で口が臭う3つの理由、「にんにく」「胃の不調」「腸内環境の悪化」は、実は体臭にも影響してきます。

にんにくは、ニオイ成分の「アリシン」が血液とともに体内を循環し、それが毛穴などから出てくることで体臭になります。

胃の不調や腸内環境の悪化による、アンモニアなどのニオイ成分も同じです。
血液に乗って全身を回ると体臭になります。

<焼肉による体臭を消すには?>

体臭を消す方法も、基本的には口臭の場合と同じです。

ニンニクによる体臭であれば、牛乳や緑茶を飲んだり、デザートにリンゴを食べることでアリシンの臭いを消すことができるので、体臭も弱まります。

胃の不調による体臭も、お肉の食べ過ぎを控えて、胃がきちんと消化活動を行える状態にしておけば、悪臭の成分は胃に溜まりません。

腸内環境を整えるというのも、体臭を消すことにつながります。腸内がいい状態を保っていれば、ニオイ成分が充満することもないので、体臭を防ぐことになるのです。

口臭対策は、体臭への予防にもなるんですね。
美味しい焼肉の後に臭いで後悔しないためにも、しっかりと予防しましょう。

焼肉は、口臭対策をとればもっと楽しめる!

焼肉 口臭 消し方

焼肉による口臭を消すための対策や、予防方法について見てきました。

<焼肉が口臭につながる原因>
・タレに使われているニンニク
・脂っこいお肉を食べたことによる胃の不調
・お肉をたくさん食べることで腸内環境が悪化

<焼肉のあとや翌日の口臭を消す対策・予防方法>

■ニンニクの口臭を防ぐ
→食前:コップ一杯の牛乳を飲む
→食事中:飲み物には緑茶を選ぶ
→食後:デザートにリンゴを食べる

■お肉の食べ過ぎには注意
→サラダなどのサイドメニューを一緒に食べる

今まで、「焼肉は口臭がキツくなるから好きな時に食べられない」と思っていたかもしれませんが、口臭を消す方法や対策を知っていれば、臭いを気にすることなく食べられますね。

事前にしっかりと準備をし、思う存分、焼肉を楽しみましょう!

執筆ライター

執筆ライター:美香

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする