お酒による口臭はどう消すの?アルコールの口臭を消す対策や予防方法3つ

お酒 口臭

「お酒を飲むと気になる口臭…消すための方法って?」

デートや飲み会、会社での接待など、何かと多いお酒を飲む機会。
近頃は「ビールや焼酎が大好き!」という女性も多いですし、アルコールが苦手な女性でも美味しく飲める甘いカクテルもたくさんありますよね。

ところが…お酒で気になるのは、飲んだ後の口臭。
デートの最中で口の臭いが気になったり、せっかくの飲み会で「次の日の口臭が気になるから…」と思う存分飲めなかったりするのは、もったいないです。

そんなお酒による口臭も、しっかりと対策を取って予防すれば、簡単に消すことができるんです。

・お酒を飲むと口臭が気になる原因って?
・お酒を飲んだあとや翌日の口臭を消すための予防・対策は?
・お酒の飲み過ぎで口臭対策がムダに!? 飲み過ぎのボーダーラインって?

お酒を心置きなく楽しむために、知っておきたい口臭の予防・対策を紹介していきます。

お酒が口臭につながる原因って?

お酒 口臭 原因

お酒を飲んでいて「口が臭いかも…」と心配になったことや、翌日に「口臭が残ってる…」とショックを受けた経験ってありますよね。

お酒を飲んで口臭がキツくなる原因は、主に2つ考えられます。

1.体の水分不足による唾液の減少
2.肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒド

口臭を消す対策の前に、まずは、この2つの原因について見ていきましょう。

1.体の水分不足による唾液の減少

お酒 口臭 翌日

お酒を飲むとトイレが近くなるように、アルコールには利尿作用があります。
体内の水分が尿として出てしまうと体は水分不足の状態になり、唾液の分泌量が減っていきます。
唾液の量が減ると口内で細菌が繁殖し、口臭につながってしまうんです。

歯磨き用品やマウスウォッシュで有名なサンスターでは、唾液の役割について次のように書いています。

お口の中を清潔に保つ(洗浄作用、自浄作用ともいう)

唾液は、お口の中を洗い流す役目を果たします。だから唾液の分泌量が少なくなってしまうと、お口の中が汚れやすなり、ムシ歯にかかったり、口臭が出たりしやすくなります。

引用元:サンスター 「唾液の役割、唾液に関する病気」

唾液には、口の中を清潔にする洗浄作用の役割があります。
水分不足によって唾液の分泌量が減ると、口を清潔な状態に保ちにくくなり、口臭を引き起こしてしまうのです。

2.肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒド

お酒をたくさん飲んだ人から臭う独特の臭い。
あれは、「アセトアルデヒド」という物質の臭いです。
口臭がお酒の臭いに近い場合は、このアセトアルデヒドが原因の可能性も。

アルコールは、体の中でアセトアルデヒドに変化します。
アセトアルデヒドは肝臓で分解されて無臭化しますが、お酒を飲み過ぎてしまうと肝臓が疲れてしまいアセトアルデヒドの分解が追い付きません。

アセトアルデヒドが無臭化されないまま血液に乗って体内を巡り、肺まで届いてしまうと、呼吸に混ざって口臭となってしまうんです。

ちなみに、アセトアルデヒドは、口臭だけではなく体臭にも影響してきます。
特に体臭は翌日にも残りやすいため、対策は必須。
アルコールを飲んだあとは、口臭だけではなく体臭にも気を配るようにしましょう。

お酒を飲み過ぎた後で、体臭がいつもよりキツイと感じたことはありませんか? 自分が気づかなくても、仕事の同僚や恋人から、臭いと言われたことが一度はあるは...

アルコールを飲んだ後の口臭を防ぐ方法3つ

お酒 口臭 消す

お酒が口臭を引き起こしてしまう原因は、唾液量の減少と、肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒド。
この2つを解決できれば、お酒を飲んだ後や翌日の口臭はグッと抑えられます。

<アルコールによる口臭を抑える方法>

1.水分補給をする
2.ガムを噛む
3.肝臓の働きを助ける

ここからは、3つの方法を詳しく見ていきましょう。

1.水分補給をする

お酒 口臭 対策

お酒を飲むと、アルコールの利尿作用によって体が水分不足の状態になり、それに伴い唾液の分泌量も減少。
唾液が減ると口内では細菌が増え、口臭になってしまいます。

アルコールによる利尿作用はかなり強く、「飲んだお酒の量よりも、出た尿のほうが多かった」という試験結果もあるそうです。

お酒を飲むとアルコールの利尿作用によって、たくさんの尿が身体の外に出てしまいます。
ビールを1000ml飲んだときに、飲んだ量よりも多い1100mlの尿が出たという試験もあります。

引用元:大塚製薬 ポカリスエット公式HP

アルコールを飲むと、思っている以上の水分が体の外に出ていきます。
お酒を飲むときは水分補給を忘れないようにしましょう。

水分補給には、水やスポーツドリンクがオススメです。
緑茶や紅茶、コーヒーなど、カフェインを含む飲み物は利尿作用があるため、逆効果になってしまうので注意が必要です。

2.ガムを噛む

お酒 口臭 予防

お酒を飲んだ後の唾液の減少による口臭を消すには、ガムを噛んで唾液の分泌を促すのも効果的です。

砂糖がたくさん入ったガムは虫歯になる可能性もあるので、キシリトールガムなどのシュガーレスガムを噛むようにしましょう。

ロッテ キシリトールガム
画像引用元:https://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/product.html
ロッテ キシリトールガム
>>Amazonでチェックしてみる<<
>>楽天でチェックしてみる<<

ポケットサイズのキシリトールガムはコンビニや駅の売店でも簡単に手に入るので、常備しておいてもいいですね。

3.肝臓の働きを助ける

お酒 口臭 胃

お酒をたくさん飲んで肝臓が疲れると、口臭の原因であるアセトアルデヒドの分解が追い付かなくなります。
お酒を飲むときは、肝機能が低下しないように肝臓の働きを助けてあげる必要があります。

肝臓を疲れさせないようにするために、お酒を飲む前に軽く小腹を満たしておきましょう。
空腹時にお酒を飲むと体がアルコールを一気に吸収してしまうため、肝臓に負担がかかってしまいます。

体内に入ってきたアセトアルデヒドの分解を助けるためには、「ヘパリーゼ」や「ウコンの力」などの二日酔いドリンクを飲んでおくのも効果的。
口臭対策だけではなく二日酔い対策にもなり、一石二鳥です。

さらに二日酔いドリンクは、翌日の体臭を消す対策にもなります。
お酒を飲む機会が多い場合は、口臭だけではなく体臭のケアも忘れずに。

お酒を飲み過ぎた後で、体臭がいつもよりキツイと感じたことはありませんか? 自分が気づかなくても、仕事の同僚や恋人から、臭いと言われたことが一度はあるは...

「お酒の飲み過ぎ」のボーダーラインって?

お酒 口臭 飲み過ぎ

お酒による口臭の予防方法を3つ紹介しましたが、これも、あまりに大量にお酒を飲み過ぎてしまうと効果は薄くなってしまいます。

どこからがお酒の飲み過ぎになるのかには個人差もありますが、厚生労働省では「節度ある適度な飲酒」について、「1日平均純アルコールで約20g程度」と定めています。

<「純アルコール 約20g」ってどのくらい?>

厚生労働省では、「節度ある適度な飲酒量」として指定している「純アルコール20g」が、具体的にどのくらいの量になるのかも紹介しています。

お酒の種類 アルコール度数 純アルコール度
ビール
(中瓶1本500ml)
5% 20g
清酒
(1合180ml)
15% 22g
ウィスキー
ブランデー
(ダブル60ml)
43% 20g
焼酎(35度)
(1合180ml)
35% 50g
ワイン
(1杯120ml)
12% 12g

出典:厚生労働省 健康日本21 アルコール

1日の純アルコールを20gに抑えようと思ったら、アルコール度数5%のビールなら中瓶1本、アルコール度数15%の清酒(日本酒)なら1合弱までにしておきましょう。

なお、これはあくまで摂取量の目安です。
お酒の強い・弱いには個人差もありますし、その日の体調や疲労具合によっても、飲酒による体へのダメージは変わってきます。

楽しいお酒の席だとついつい飲み過ぎてしまいますが、ほろ酔い程度に抑えておくようにしましょう。

お酒による口臭を予防して、楽しくお酒と付き合いましょう

アルコール 口臭

お酒を飲んだ後や翌日の、口臭の予防方法についてみてきました。

■水分補給をする
→水分補給は水やスポーツドリンクで。
緑茶やコーヒーは利尿作用があるため逆効果。

■ガムを噛んで唾液の量を増やす
→ガムを噛むと、唾液が出て口内環境が清潔に。
虫歯になりにくいキシリトールガムがおすすめ。

■肝臓を疲れさせないようにする
→アルコールを飲む前には小腹を満たしておく。
お酒の前に二日酔いドリンクを飲むのも効果的。

恋人とのデートや友達との飲み会など、お酒の席はいつも楽しいもの。
口臭の心配をしながら飲んでいては、楽しさも半減してしまいます。

口臭ケアをしておくことで、余計な心配をせずに心ゆくまでお酒が楽しめます。
対策をしっかり取って、美味しくお酒を飲みましょう。

執筆ライター

執筆ライター:美香

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする