手汗用の制汗剤・クリーム5選!手汗には「手汗専用」の制汗剤を

手汗 制汗剤
「手汗用の制汗剤やクリーム、どんなものがオススメ?」

一般的に「制汗剤」というと脇用のものがほとんど。薬局などを探しても、手汗専用のものってなかなか見かけませんよね。

「汗を止める」という効果だけなら脇用でも問題ないように思えますが、手汗には手汗専用の制汗剤を使うことで、より効果を感じることができるんです。

●「手汗専用の制汗剤」がいい理由は?
●手汗用の制汗剤・クリームを選ぶときのポイントは?
●おすすめの手汗用クリームって?

手汗用の制汗剤・クリームについて、特徴や効果、選び方、おすすめの商品についてまとめました。

手汗専用の制汗剤・クリームの特徴って?

手汗 クリーム
「手汗には、脇用の制汗剤やクリームは効かないの?」

最初に「手汗には手汗専用の制汗剤がいい」と書きましたが、どうして脇専用の制汗剤ではダメなのでしょうか。
それには、汗の出口である「汗腺(かんせん)」が関係しています。

人の体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺があります。
「エクリン腺」は、爪や唇以外のほぼ全身に広く存在している汗腺。一方のアポクリン腺は脇に多く密集していて、脇汗やワキガの原因になる汗腺です。

・エクリン腺……体の広い部分に存在する汗腺
・アポクリン腺…脇に多く集まっている汗腺

手汗が出てくるのは、2つのうちの「エクリン腺」のほう。
つまり、手汗を止めたかったらエクリン腺の活動を弱める必要があります。

しかし脇用の制汗剤は、脇汗が出てくるアポクリン腺に強く働きかけるように作られていて、手汗の原因であるエクリン腺への働きはそこまで重要視されていません。

そのため、脇用の制汗剤では手汗への効果はイマイチなんです。

手汗専用の制汗剤に含まれる成分は?

手汗 パウダー
「手汗には手汗専用の制汗剤」という理由が分かったところで、次は手汗制汗剤に含まれる成分を見ていきましょう。

<手汗クリーム・制汗剤に含まれる成分の一例>

●クロルヒドロキシアルミニウム
→制汗剤によく用いられる「塩化アルミニウム」よりも制汗効果は弱いが、肌荒れなど副作用のリスクが少なめの成分

●フェノールスルホン酸亜鉛
→収れん作用によって、エクリン腺を収縮させる成分

●イソプロピルメチルフェノール
●シメン-5-オール
→殺菌作用により、臭いの原因菌を除去してくれる成分

「聞いたことがないカタカナばっかり!」と思うかもしれませんが、実はどれも身近なところで使われている成分です。

クロルヒドロキシアルミニウムなどは手汗以外の制汗剤に使われることもありますし、殺菌効果があるイソプロピルメチルフェノールは薬用ハンドソープなどにも含まれています。

これらの有効成分がうまく働くことで、手汗を抑える効果が期待できるんですね。

手汗用の制汗剤・クリーム、選び方のポイントは?

手汗 制汗剤 クリーム
手汗用の制汗剤やクリームは、一度塗っただけで手汗が止まるということはなく、基本的には数ヶ月の長期戦になります。

毎日コツコツ続けるには、「使い心地はいいか」「持ち運びは不便じゃないか」など、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。

■ポイント1)制汗剤のタイプ

手汗用制汗剤には、クリームタイプ、パウダータイプ、ジェルタイプなど様々な種類があります。

・クリームタイプは「塗り直しが便利」
・パウダータイプは「すぐにサラサラになる」
・ジェルタイプは「伸びがいい」

など、それぞれに特徴が。自分が使いやすいと思うものを選ぶのがポイントです。

■ポイント2)使い心地、使い勝手

「塗ったあとにベタベタしないか」「塗り直しが簡単か」など、使い心地や使い勝手のよさも大切。
職場や学校に持っていく場合は、「人前で使いやすいデザインか」というチェックも忘れずに。

■ポイント3)価格、値段

高価なものを「もったいない!」とちょびちょび使っていては、十分な効果は得られません。比較的安い制汗剤でも、手汗を減らす効果は期待できます。
もったいないと感じることなく使えるものを選びましょう。

いろいろな制汗剤を使っているうちに「もっとこういうモノがいい!」という条件が出てくるかもしれませんが、初めて選ぶときはここで紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。

おすすめの手汗用制汗剤・クリーム5選!

それでは、手汗専用の制汗剤・クリームには具体的にどのようなものがあるのでしょうか。今回は、手汗に特化した制汗剤を5つ紹介したいと思います。

1.手汗クリーム「テサラン」「テサランクール」

手汗 制汗剤 テサラン

製品名 テサラン、テサランクール
販売業者 株式会社Global Style Japan
区分 医薬部外品
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール、
塩化ナトリウム、エタノール、セレシン、l-メントール など
内容量 25g(約3ヶ月分)

口コミでの評判もよく、リピートしている人も多い手汗用クリーム「テサラン」。
2018年3月には、冷感成分をプラスした「テサランクール」が新商品として登場。夏の暑い時期には重宝できそうな制汗剤です。

キラキラしたりといった装飾もないシンプルなデザインなので、男女問わず使え、化粧品が禁止されている学生さんでも大丈夫そう。

手汗用クリーム「テサラン」は、子供でも使える優しいクリームでありながら、長時間のサラサラ効果が期待できるという優れもの。 手汗クリームを探している人なら、...

テサランは市販はされておらず、通販のみでの取り扱い。公式サイトのほか、楽天やAmazonなどの通販サイトでも販売されています。

●公式価格(税抜)
・1本:3,980円+送料
・2本:7,960円(送料無料)
・3本+1本(実質4本):9,940円(送料無料)

●楽天価格(税抜)
・3,980円+送料

●Amazon価格(税抜)
・4,074円(送料無料)

公式サイトで購入すると、お得な返金制度が受けられます。
この返金制度、効果が感じられなかった場合には1本目の代金を返してもらえるので、うまく利用すれば1本無料でお試しができます。

<手汗用クリーム「テサラン」「テサランクール」>

■使い心地
→持ち運びに便利なコンパクトサイズ。
→塗った直後のベタきも無く、塗り直しは簡単。

■価格
→返金制度を利用すれば、1本無料でお試し可能。

『テサラン』を詳しくチェックしてみる

2.手汗パウダー「ファリネ」

手汗 パウダー ファリネ

製品名 ファリネ
販売元 アスクレピオス製薬株式会社
区分 医薬部外品
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛、
麻セルロース末、メチルハイドロジェンポリシロキサン など
内容量 6g(約1ヶ月分)

手汗制汗剤としては珍しい、パウダータイプの「ファリネ」。
パフでポンポンするだけで手のひらがサラサラになります。

見た目が化粧品っぽいので男性や学生さんは使いづらいかもしれませんが、クリームタイプやジェルタイプの制汗剤に比べると、つけた直後のサラサラ感は抜群です。

「ファリネ」は、つけた瞬間サラサラになれるパウダータイプの手汗ケア用品。 手汗アイテムはクリームやジェルのものが多いですが、パウダーというのは珍しいで...

手汗パウダー「ファリネ」は店頭販売はされておらず、ネットでのみ購入できます。公式サイトのほかに楽天やAmazonでも買えますが、定期コースへの申し込みは公式サイトからのみ。

公式価格(税抜)
通常価格:8,890円+送料
定期コース:初回2,667円、2回目・3回目6,800円、4回目以降5,040円

楽天価格(税抜)
6,000円+送料

Amazon価格(税抜)
6,463円+送料

定期コースには「30日間肌荒れ返金保証」という返金保証制度がついていますが、名前の通り「肌荒れが起きた場合」しか返金してもらえないのでその点だけはご注意を。

<手汗用パウダー「ファリネ」>

■使い心地
→つけた直後にサラサラ!
→化粧品っぽいため、男性や学生さんは使いにくいかも。

■価格
→お得な定期コース有り。
→ただし、基本的に途中解約は不可。

『ファリネ』を詳しくチェックしてみる

3.手汗ジェル「フレナーラ」

手汗 ジェル フレナーラ

製品名 フレナーラ
発売元 株式会社レオナビューティー
区分 医薬部外品
成分 クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール、
エタノール、メチルパラベン、茶エキス など
内容量 23ml(約3週間~1ヶ月分)

ジェルタイプの手汗制汗剤「フレナーラ」。伸びはいいですが、乾くまでに時間がかかるのが少し残念。

手汗制汗剤でジェル状というのはあまり無いので、「ジェルタイプのものを探している」という人にはオススメです。

フレナーラは、塗った直後に手汗を止めるのではなく「毎日のケアによって、手のひらを手汗が出にくい状態に変えていく」手汗用ジェル。 RayやJJなど、多く...

フレナーラは店頭での市販はされていないため、購入の際は通販を利用しましょう。公式サイトから注文すれば、定期コースを利用できます。

公式価格(税抜)
12ヶ月コース:初回850円、2回目以降4,250円
6ヶ月コース:初回850円、2回目以降4,675円
4ヶ月コース:初回850円、2回目以降5,100円
通常価格:8,500円

楽天価格(税抜)
7,800円+送料

Amazon価格(税抜)
6,574円+送料

ひとつ注意したいのが、フレナーラの定期コースは縛りがかなりキツいということ。
返金制度はありますが手が荒れた場合にのみ利用できるもので、それ以外の理由での途中解約は基本的にできません。

単品ならAmazonや楽天のほうが安く手に入るので、最初の1本は通販サイトでお試ししてみて、効果が感じられたら定期コースに申し込むのがいいかも。

<手汗用ジェル「フレナーラ」>

■使い心地
→ジェルタイプなので伸びが良い。
→乾くまでに少し時間がかかってしまう。

■価格
→定期コースは充実しているが、途中解約は難しい。
→長く使うなら、長期の定期コースは結構お得。

『フレナーラ』を詳しくチェックしてみる

4.手汗クリーム「コルクル」

手汗 クリーム コルクル

製品名 CORKL(コルクル)
発売元 株式会社バルワード
区分 医薬部外品
成分 フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール、
ワレモコウ、柿タンニン、ヨクイニン、緑茶エキス など
内容量 45g(約1~2ヶ月分)

手汗クリーム「コルクル」は、敏感肌でも安心の優しい成分でできた制汗剤。塗ったあとすぐにスベスベになるため、ちょっとした空き時間にサッと塗り直せます。

手汗クリーム「コルクル」は、赤ちゃんからお年寄りまで使えるよう、肌に優しい成分で作られた手汗用制汗クリーム。 肌に優しいのは嬉しいですが……ちゃんと手...

コルクルは市販はされておらず、通販でも公式サイトでしか売られていないようです。
1本のみの単品購入のほか、2ヶ月に1度コルクルが届く定期コースも用意されています。

公式価格(税抜)
・単品購入:5,980円
・定期コース:初回無料、2本目以降 1本あたり3,980円

楽天・Amazon
・取り扱いなし

最初の1本が無料で試せる定期コースは「初回の無料分のみで解約してもOK」というお得なもの。
「手が荒れた場合のみ解約可能」などの条件も特にないため、気軽に試せますね。

<手汗用クリーム「コルクル」>

■使い心地
→塗ってから乾くまでの時間は比較的短め。
→ベタベタしない、自然なしっとり感。

■価格
→定期コースは初回無料
→初回分のみでの解約もOK

『コルクル』を詳しくチェックしてみる

5.手汗クリーム「ロエグア」

手汗 クリーム ロエグア

製品名 ロエグア 制汗クリーム
発売元 株式会社アドバンスアシスト
製造元 株式会社ビーエムシー
区分 日本製/医薬部外品
成分 フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール、
クエン酸Na、柿タンニン、ワレモコウエキス、塩化Na など
内容量 30g(約1ヶ月分)

手汗クリーム「ロエグア」は、お手頃価格で手汗対策ができる制汗剤。
「梱包を簡易包装にする」「注文者へ直接配送し、仲介手数料などを省く」などの様々な工夫で、品質を落とすことなく値段が安くなっているんです。

ロエグアは、1日3回塗るだけで手汗を止める効果が期待できる、手汗専用の制汗クリーム。 手汗用のクリームや制汗剤は価格の相場が高く、商品によっては1万円...

ロエグアは通販でのみ購入可能。公式のホームページなどはなく、楽天やAmazonなどに「手汗・消臭・臭いケア専門ロエグア」というショップ名で出店しています。

単品購入価格(税抜)
価格:2,760円
送料:無料

3本セット購入価格(税抜)
価格:5,519円 ※1本あたり1,840円
送料:無料

ここまで紹介してきたほかの手汗制汗剤と比べると、価格の安さが分かりますよね。
しかもこの価格で返金保証制度付き。効果が感じられなければ代金を返してもらえるので、気兼ねなく試せます。

<手汗用クリーム「ロエグア」>

■使い心地
→塗った直後に多少のヌルヌル感が。
→30秒ほどで乾くため、そこまで不便には感じない。

■価格
→1本あたりの価格は安く、気軽に試せる嬉しい値段。

『ロエグア』を詳しくチェックしてみる

手汗用制汗剤・クリームで、快適な手のひらに

手汗 制汗剤 パウダー
手汗専用の制汗剤やクリームについて、おすすめの商品などを紹介してきました。
気になる制汗剤は見つけてもらえたでしょうか?

●「手汗専用の制汗剤」が良い理由
→手汗の原因である「エクリン腺」に効くようにできているから。

●手汗の制汗剤・クリームを選ぶポイント
・制汗剤のタイプは? (クリームタイプ、パウダータイプなど)
・使い心地、使い勝手は? (ベタベタしないか、人前で使いやすいか)
・価格は? (「もったいない!」と感じずに使える値段か)

●おすすめの手汗用制汗剤は……
・テサラン&テサランクール
・ファリネ
・フレナーラ
・コルクル
・ロエグア
など

手汗の制汗剤は市販ではなく通販がほとんど。
薬局などに売られていればテスターで試せるのですが、通販はそういったお試しができないのが難点ですよね。

今回紹介した手汗制汗剤のうち、「テサラン&テサランクール」「コルクル」「ロエグア」は、最初の1本を無料でお試しできるもの。
無料で試すにはそれぞれ条件がありますが、どれも難しいものではありません。

どの手汗クリームがいいか迷ったら、お試し可能なものを選んでみるのもいいですね。

執筆ライター

執筆ライター:美香

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする