ワキガにミョウバンや重曹は効果アリ? ミョウバン&重曹できるワキガ対策

ワキガ ミョウバン
「ワキガには、ミョウバンや重曹が効果アリって本当?」

料理などに使われ、消臭効果があることでも知られるミョウバン・重曹。
特にミョウバンは古代ローマ時代から体臭予防に使われていて、「もっとも古いデオドラント剤」とも呼ばれています。

どちらも薬局などで簡単に手に入るものですが、あの独特なワキガ臭にも効果はあるのでしょうか。

●ワキガはミョウバンや重曹で抑えられる?
●ミョウバンや重曹がワキガに効く理由は?
●ミョウバン&重曹のオススメの使い方って?

ただの体臭とはちょっと違うワキガも、ミョウバンや重曹で緩和できるなら助かりますね。
ミョウバンと重曹がワキガに効くメカニズムや、おすすめの使い方などを見ていきましょう。

ワキガにミョウバンは効く?

ミョウバン ワキガ
「ワキガにミョウバンって効くの?」

古くからデオドラント剤として使われていたミョウバン。「ワキガに特化した消臭剤」というわけではありませんが、体臭全般に効き目があり、もちろんワキガ臭を軽減させる効果も期待できます。

ミョウバンがワキガに効く理由は大きく3つ。

●「水に溶けると酸性になる」という性質があるから
●収れん作用で汗が抑えられるから
●アンモニアなど、アルカリ性の臭いを中和できるから

ひとつずつ、詳しく見てみましょう。

1.「水に溶けると酸性になる」という性質

ワキガにミョウバンが効く理由の一つ目は、ミョウバンの「水に溶けると酸性に変わる」という性質。

ワキガの臭いは、「アポクリン腺」という汗腺から出た汗が、皮膚の常在菌(細菌)に分解されることで発生します。皮膚に細菌がいればいるほどワキガの臭いは強くなるのですが、この細菌は、皮膚が酸性の状態だと繁殖力が低下していきます。

では、なぜこのミョウバンに体臭予防効果があるか説明しましょう。
まず第一に、ミョウバンは水に溶けると酸性になるということです。ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的にニオイが抑えられるのです。

引用:五味常明『デオドラント革命』(ハート出版,2004)p.82

水に溶かしたミョウバンを塗ると、肌は酸性に近い状態に。肌を酸性に傾かせることで雑菌を繁殖しにくくさせ、ワキガ臭が強まるのを防げるというわけなんですね。

2.収れん作用による制汗効果

ワキガがミョウバンで抑えられる二つ目の理由は、ミョウバンの持つ「収れん作用」。
収れん作用とは、肌を引き締める働きのこと。よく、毛穴の引き締め効果がある化粧水を「収れん化粧水」と呼んだりしますよね。ミョウバンにも、その収れん作用があるんです。

第二に、収れん作用、つまりミョウバンの制汗効果です。ニオイ成分の含まれた汗を抑えられれば、当然ニオイも抑えることができます。ところが、このミョウバンの制汗のメカニズムはあまりよくわかっていません。

引用:五味常明『デオドラント革命』(ハート出版,2004)p.82

汗が原因で臭ってしまうワキガも、収れん作用で汗腺を引き締めることで、臭いを抑えることができるんですね。

ミョウバンの制汗メカニズムははっきりと解明されていはいませんが「汗腺の導管部分に炎症を起こし、汗腺を塞ぐから」「汗腺の導管部分の浸透性を高め、汗が再吸収されるから」などが理由ではないかと考えられているそうです。

3.アルカリ性のアンモニア臭などを中和

ワキガにミョウバンが効く理由の三つ目は、「水に溶けて酸性になったミョウバンが、アンモニアの臭いを中和してくれるから」というもの。

第三は、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用です。(中略)
特に、ミョウバンは酸性なので、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗臭さを抑えるのには非常に有効です。

引用:五味常明『デオドラント革命』(ハート出版,2004)pp.82-83

ワキガを引き起こすアポクリン腺の汗は、アンモニアなどのニオイ成分を含んでいるため臭いやすいという特徴があります。

しかし、水に溶けて酸性に変化したミョウバンなら、アルカリ性のアンモニア臭を中和させてワキガの臭いを弱めることができるのです。

ミョウバンでワキガを抑えるおすすめの使い方

脇 重曹
ワキガを抑える効果をより高めるためには、ミョウバンをどのように使うのがいいのでしょうか。

ミョウバンは、水に溶けて酸性に変わることにより、皮膚の常在菌の繁殖を防いだり、アンモニアなどの臭いを中和する働きをしてくれます。

つまり、ワキガの消臭効果を高めるには、ミョウバンを「ミョウバン水」にしてから使う必要があるんです。

<ワキガを抑えるミョウバン水の作り方>

■用意するもの
・市販のミョウバン……16~17g
・水道水……500ml
・空のペットボトル

■作り方
ミョウバンと水道水を空のペットボトルに入れ、フタをして振るだけ。
※溶けにくい場合は、1日放置しておけば自然に溶けます。

■使い方
ミョウバン水をガーゼに浸して、脇をやさしく拭きましょう。
スプレーボトルに入れて脇に直接スプレーしてもOK。

市販のミョウバンを買ってくれば、あとは自宅にあるもので簡単に作れるミョウバン水。水に完全に溶けるまで、しっかり振るのがポイントです。

よりワキガの消臭効果を高めたいときは、水道水を緑茶に変えてみましょう。

より消臭作用を強くしたい場合には、水道水の代わりに濃い目の緑茶で溶かします。緑茶のカテキンには強い植物消臭作用がありますので、相乗効果が期待できます。

引用:五味常明『デオドラント革命』(ハート出版,2004)p.84

緑茶に含まれているカテキンには強い消臭作用が。ミョウバンとカテキンによるダブルの消臭作用で、ワキガの臭いをしっかりケアできます。

ワキガに効果的なミョウバン水、保存方法は?

作ったミョウバン水は冷蔵庫で保存を。
冷蔵保存なら1ヶ月近くはもちますが、高価なものではないので、1~2週間を目安に新しく作るのがいいでしょう。

ミョウバン水を使う際の注意点

ミョウバン水をワキガ対策として使う場合、次の点に注意しましょう。

・体全体に使わない
・顔に吹きつけない(目に入ると危険)
・かゆみ、かぶれが出たら、濃度を薄くするか使用をやめる

ミョウバン水を全身に使ってしまうと、発汗が抑制されて体温調節ができなくなります。
本来汗は、体の温度を適切に保つために必要なもの。全身の汗を抑えてしまうと熱中症などになる可能性も出てきます。

体全体の制汗・消臭ではなく、あくまでもワキガ予防のためとして使いましょう。

正しく使っていても、人によってはかゆみ、かぶれなどの症状が出ることも。その場合は、濃度を薄くするか、使用を中止してくださいね。

重曹もワキガに効果アリ?

ワキガ 重曹
お掃除やお洗濯など、家庭でのニオイ取りにも使われる重曹。
実はこの重曹も、ワキガなどの体臭を弱める効果が期待できるんです。

重曹がワキガ予防に効果を発揮するのは、重曹が持つアルカリ性の性質によるもの。

実は、重曹の体臭予防効果はこの「アルカリ性」の性質によるものです。
アポクリン腺やエクリン腺さらには皮脂から分泌されるニオイ成分には、酢酸、酪酸、プロピオン酸といった酸性傾向を示すものが多いのですが、これらは重曹の「酸―アルカリ中和反応」で、無臭化されるのです。

引用:五味常明『新・もう汗で悩まない』(ハート出版,2010)p.179

汗腺や皮脂から出るニオイ成分は、酢酸や酪酸など酸性の成分が多数含まれています。
アルカリ性の重曹なら、この酸性のニオイ物質を中和することができ、結果的にワキガの臭いも弱めることができるのです。

しかし、ここでひとつ疑問が。
今まで見てきた「ミョウバン」は、「水に溶けると“酸性”になる」という性質のおかげで、アンモニアなどアルカリ性のニオイ成分を打ち消すことができるんでしたよね。

では、元々アルカリ性である重曹は、同じアルカリ性であるアンモニアなどの臭いを消すことはできないように感じますが……そこのところはどうなのでしょう。

実は、アンモニアなどのアルカリ性やほかの中性に近いニオイ成分にも、重曹は消臭効果があります。それは、重曹は水に溶けると、ナトリウムイオン(+)と重炭酸イオン(-)に解離し、これらのイオンがニオイ成分の極性をイオン交換反応で中和するからです。

引用:五味常明『新・もう汗で悩まない』(ハート出版,2010)p.180

水に溶けた重曹は、ナトリウムイオンと重炭酸イオンに分離。これらのイオンがニオイ成分を中和してくれるため、アンモニアなどアルカリ性の臭いにも効果があるんです。

ニオイ成分の中でも特に嫌な臭いを放つアンモニア。アンモニアを中和できれば、ワキガの臭いもだいぶ緩和させることができます。

ワキガ 重曹石けん 重曹石鹸
重曹配合石けん「プリ・ジュ」
 楽天を チェックAmazonをチェック

ワキガ対策にオススメなのは、重曹配合石けん。
少しの量でもたくさん泡立つため長く使えますが、1個およそ1,600円となかなか高価。

重曹石けんは高すぎる……という場合は、ミョウバンスプレーと同じ分量で重曹スプレーを作ってもOK。重曹も薬局などで手に入り、重曹石けんほど高くもないので気兼ねなくワキガ予防に使えます。

ワキガにはミョウバン&重曹を

重曹 ワキガ
お掃除に使ったり、お料理に使ったり……身近なところにあるミョウバンや重曹で、ワキガ対策ができるのかどうかを見てきました。

●ミョウバンや重曹は、ワキガ臭に効果アリ
●ミョウバンでのワキガ対策は、手軽に作れる「ミョウバン水」がオススメ
●重曹でワキガをケアするなら、重曹石けんを試してみて

専用のクリームや薬を使わなくても、実はミョウバンや重曹でもできるワキガ対策。
ミョウバン水は、小さなボトルに詰め替えれば職場や学校にも持っていけますよね。

「すべての人に必ず効果がある」と約束できるものではありませんが、もしワキガで悩んでいるならぜひ一度試してみてくださいね。

執筆ライター

執筆ライター:美香

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする